お金持ちになる方法は神社へ参拝しかない!

お金が欲しいとは誰もが思うだろう!だが大事なのは日本人の原点!つまり神社に目を向ける事です。

神社の紙垂(しで)とは一体どんなものか?

どうも太郎(神社が好きな太郎 (@ys6895) | Twitter)です。

私は1985年生まれの男性で神奈川県在住で都内に勤務している何の変哲もない男性です。
神社のブログをやってますが陰陽道を極めてたりなど凄い力があるわけではありません。

そして、現在はブログで神社で富を引き寄せる方法を書いてます。
私自信はまだまだ未完成などで書籍などを読んだり神社を参拝したりいろいろ知識や経験を増やしながら書いてます。

夢はブログをからさらに発展させて新型コロナウイルスで大変な想いして経済的に苦しむ人を情報発信の力でWIN-WINでお互いに豊かになり心を幸福化をさせることです。


神社の注連縄などに付いている白い紙のひらひら・・・こらは「紙垂(しで)」と言います。神社によって微妙に作り方が違ったり、、形が違ったりします。注意してみてみるとおもしろいかも。

上記のツイートを掘り下げつつ、神社の紙垂(しで)について解説します。

ヒラヒラしてジグザグした紙のアレです。
良く見るが一体何なのでしょうか?

紙垂の役割とは
簡単に言えば現世と神様の世界との結界でありここからは神の領域って意味です。神木などにありますよね。

また災いを払うって意味もあります。


なぜ紙垂はジグザグであるのか?

紙垂がジグザグなのは雷で神鳴りに通じるように神様の力とされるからです
また雷は稲妻とも言われるように稲を付けるから実を付けるって事で縁起が良いんです。

しめ縄に付ける紙垂は豊作を願う意味で付けられます。

形に関しては代表的な流派には、吉田家流、白川家流、伊勢流があります。


この記事のまとめ

・紙垂は現世と神域の結界。

・紙垂の形は雷を示して、稲の実りを願う。

神社で紙垂を見てそこへ入ったら気を引き締めて神様への感謝を伝えましょう。

紙垂を越えたら神の居場所に入った事を意味しますから。





Twitterやってます。フォローお願いします。








幸せが途切れない【お守り一筆龍~Power&Fortune Dragon~】



「京都一筆龍絵師 手島啓輔」が描いた一筆龍を、手島啓輔による監修及び製版(複製画データの清書)技術を駆使し、
原画を出来る限り再現した高精細印刷にてお仕立て(複製)し、
高野山真言宗 如意山 藤次寺」にて正式に御祈祷いただいた御守です。
※本御守は原画ではなく、複製画に専門技術(高精細印刷、特殊加工等)を施しお仕立てしております。
一筆龍とはその名の通り龍の胴体部分を一筆で描き【一繋ぎで途切れない】事から
『発展、財運、良縁等が途切れない』とされ、江戸時代より縁起物として重宝されてきた一筆龍を反映し、
厳選された様々な種類の御守を海外含めお申込みいただいております。




金運アップ習慣【お財布専用ふとん】



創業140年の老舗布団店と開運の神
「開運の神、穴澤天神社」が祈祷する究極の金運アップツールです。




お金が貯まる財布



テレビ、カタログ通販でおなじみ、開運専門の財布製造メーカーがお届けする開運財布。




【超・大金運法】あなたの風水にはココが欠けていた!



弊社ラッキーショップでは、元祖・黄色い財布と言われるまでになった黄虎發財財布を初め、風水・金運・財運・開運・白蛇・四神など、様々なジャンルの縁起商品を開発しています。





感想や取材、仕事の依頼など御座いましたらお気軽にご連絡ください。

ysa7825@gmail.com